小川のお庭    椎茸原木と薪の販売    激安クリスマスツリー    紐を極める    日本の祝祭日

>>ヴァルコネ日記。クリスマスと年末イベントだ!

>>コーヒーは遊びながら飲む。こだわりたいもの。

【植木のご予約2018年春をスタートです!】

名言 フョードル・ドストエフスキー を考える

コロンブスが幸福であったのは、彼がアメリカを発見した時ではなく、 それを発見しつつあった時である。 幸福とは生活の絶え間なき永遠の探求にあるのであって、断じて発見にあるのではない

     

-----【 C M / 広 告 】-----

     
     

【 花実屋の長野パープルぶどうの奇跡 】

※締め切りは毎年8月の下旬頃です。

良く分からないこのぶどう。だから奇跡。種もない、皮も食べられる。でも高い!

コーヒーで泣いた。遊べるコーヒー。

長野パープル

     
     

フョードル・ドストエフスキーとは誰?

ロシア思想家小説家で白痴・悪霊・罪と罰などで知られる大文豪

この名言、誰しも納得してしまう内容です。これはやはり目標の達成と同時に大きなエネルギーを失ってしまうことがその一つとなるのでしょう。知らないこと、未知の世界には魅力がいっぱいですがそれはそれを手に入れるまでの間のこと。

到達してみればそこには何もなかったということでしょうか、それとも何か別のものが見えたのでしょうか。この世の中は知れば知るほどに、そして何かしらの達成とやり切り感には無力、無感を感じてしまうこともあるようです。ですからあえて狭い世界で生きてみるということも幸せな人生を送る大きな選択肢の一つでもあるかもしれません。以前にはこれはいったいどれほどのことなのかと思ったことが現在ではごく普通に営まれているといったことが幾多の場面で見受けられる時代です。そして現在に渇き、また次の何かを求めていく。ここからはすでに得たものに幸せを感じ続ける難しさが理解できます。幸せとは実よくわからない一面を持っているようです。実は苦難、苦悩に直面している時が幸せの始まりであり、幸福と絶頂に到達した時が苦難、苦悩の始まりであるかのようです。

自分に当てはめてみると合点がいきますね、何か物事に取り組んでいるときに1番楽しいときは成果が現れ始めたこと、未来の希望、道筋が見え始めたときではないでしょうか。みだ見えぬものや、ことへの探究心。

そうですね、ですから生涯をかけて取り組める大きな道を歩めることはこの世の幸福そのものであるかもしれませんね。

フョードル・ドストエフスキーさんその他の名言

・真実を語る者は機知のない人間だけである。

・自分も生き、他人をも生かすようにする。

・希望を持たずに生きることは、死ぬことに等しい。

・本当の真実というものはいつでも真実らしくないものだ。真実をより真実らしく見せるためには、どうしてもそれに嘘を混ぜる必要がある。だから人間はつねにそうしてきたものだ。

・文明のおかげで人間がより残忍になったとはいえないとしても、前よりも残忍さが醜悪になったことは確かだろう。

・愛情に満ちあふれた心には、悲しみもまた多いものである。

その他名言一覧はこちら

     

-----【 C M / 広 告 】-----

     
     

【花実屋のおすすめアプリ・ゲーム】

えっ、本当に!こんなに便利でしかも無料!

     
花実屋トップ サービス お買い物 果物、野菜 山野草 植木 薬草 お庭のお手入れ 害虫と病気 コケ玉、ミニ盆栽 管理方法 花実屋とは 取り扱い店舗様 特定商取引法に基づく表記 peach nagano japan grape nagano japan