小川のお庭    紐を極める    日本の祝祭日

今後は在庫品を除く、大部分のご予約販売は年1回(春のみ)でのお届けで調整をいたします。また生産者さまの減少でお値段の変動、またはご予約からお届けまでに数年のお時間をいただくことも珍しくありません。時間軸が長くなりますが出来る限りのサポートを組んで参ります。引き続きよろしくお願い申し上げます。

>>ヴァルコネイベントもりもり開催中

>>人生倍増計画で明るい未来と、元気な資産運用

【植木のご予約2018年【春】締め切りです。2019年【春】受付開始です】

【桃とネクタリン2018年【春】締め切りです。2019年【春】受付開始です】

桂の木(カツラノキ)の剪定・伐採のやり方と管理お手入れについて

基本

・広いスペースと、長い時間を許容できる場合であればそれが徒長枝であっても樹形は自然に整っていきますが、そうでない場合が大方と思います。あまり負担にならないよう毎年のこまめなお手入れがおすすめです。カツラの木は華やかなお庭から日本庭園、そして自然風のお庭まで何処でも馴染んでいきます。強剪定は出来るだけ避けるように早めのお手入れがおすすめです。

株のお手入れ方法

カツラの木

花実屋のカツラの木は原則単木のみでお届けしております。樹形は出来るだけ美しいものを選定してお届けしておりますが完全な真っ直ぐはありません。多少の曲がりは成長の過程でわからなくなってしまいます。樹木は全体のバランスで見ていきますから一部の偏りよりは全体の雰囲気が一番大切になってきます。また今後の成長でも変わっていくものですしね。上の写真ですがここからは上部の芯がいくつかに分かれてきました。2本で伸ばしていくことも可能ですし、どちらかの一本を残すこともできます。二股になれば子供のころに楽しんだ木登りが容易になるかもしれませんね。いろいろとイメージしながら楽しんでいきましょう。

     

-----【 C M / 広 告 】-----

     
     

【 花実屋の長野パープルぶどうの奇跡 】

※締め切りは毎年8月の下旬頃です。

良く分からないこのぶどう。だから奇跡。種もない、皮も食べられる。でも高い!

コーヒーで泣いた。遊べるコーヒー。

長野パープル

     
     

時期

・11月頃〜2月頃までは骨格剪定に適期となる。ここでは骨格剪定を強剪定とも定義したい。つまり大きく枝を抜き、すっきりとさせる様子。

・整枝剪定(小透かし剪定)程度であれば通年でお手入れが可能です。つまりは本幹とそこから伸びる第1枝以降の枝先に向かった小枝を手入れすることとする。

カツラの木の整姿剪定(骨格剪定)について

・小枝の手入れ

基本的には逆枝、重なり枝を中心にお手入れをしていきます。枝が細いうちに処理をしてしまえば切り口も綺麗に整いますので早めの対応をおすすめいたします。細かい枝のお手入れは通年で行っていただくことが出来ます。

・太枝の手入れ

主に大きくなった時の下枝の処理ですね。大きく成長させる場合は現在残っている下枝は将来的には不要になってきます。主に考えられる太い枝のお手入れとはここのことを意味します。日あたりの環境を整えてあげると樹形を規則的に整えていく特性を強くもちます。無理に人的な操作をするよりも環境を与えることでゆっくりと成長をさせていきましょう。

カツラの木の整枝剪定(小透かし剪定)について

もしお時間がたっぷりとあるのでしたら、枝先先端の葉を細かく均等に透かしてみることをおすすめいたします。非常に贅沢な剪定となります。時間がかかります。本当に、ですが仕上がりはすばらしいものとなります。ここは職人さんよいうよりはオーナーさんが管理してあげるところになると思います。

花実屋の植木はこちらで販売しています。

     

-----【 C M / 広 告 】-----

     
     

【花実屋のおすすめアプリ・ゲーム】

えっ、本当に!こんなに便利でしかも無料!

     

花実屋的桂の木の剪定事例

カツラノキ

横の枝からは規則的に葉が下がってきています。良い状態ですね。この写真では特に急いだお手入れは必要ありません。

カツラノキ

芯が走って伸びていますね。横の枝が追いついて来ませんがゆっくりと成長を見守っていきましょう。写真の桂の木はサイズもだいぶ大きくなってきました。そろそろ下枝50cm程は不要になってきましたのでこのあたりで切り落としていきます。この程度の横枝でしたら樹木へのダメージありません。出来るだけ幹すれすれに切り落としてください。もし可能であれば防腐剤などを施してあげましょう。ここまで愛情を注いであげればまず大丈夫です。

カツラノキ

こちらは写真の中間あたりに強い枝が数本延びてきました。これは樹形に大きく影響するものです。ここから大きく幅を広げしまっても良いですがやや高さが足りていない感じを受けます。ここは一旦この強い枝を本幹の根元から切り落としてしまうことも大きな選択肢です。みさまもお庭の様子をみて対応をしていきましょう。この程度であれば一時的にバランスが崩れても一・二年年ほどで回復する状態です。

山野草を考えてみる

ヤマシャクヤク   シラネアオイ   ヒメシャガ   サクラソウ   ヤブレガサ   ヒトリシズカ   ユキザサ   クガイソウ   チゴユリ   ホタルブクロ   フクジュソウ・福寿草  

他の樹木のお手入れについて

アオダモの剪定   アオハダの剪定   アカシデの剪定   アブラチャンの剪定   イチイの剪定   イロハモミジの剪定   エゴの木の剪定   オトコヨウゾメの剪定   桂の木の剪定   カマツカの剪定   コナラの剪定   クロモジの剪定   コシアブラの剪定   コバノガマズミの剪定   コメツガの剪定   シラカバの剪定   ソヨゴの剪定   ダンコウバイの剪定   ツリバナの剪定   モミの木の剪定   ヤマボウシの剪定   ヤマモミジの剪定  

樹木の病害虫について

うどんこ病気   さび病   アブラムシ   カミキリムシ   シンクイムシ   毛虫  
花実屋トップ サービス お買い物 果物、野菜 山野草 植木 薬草 お庭のお手入れ 害虫と病気 コケ玉、ミニ盆栽 管理方法 花実屋とは 取り扱い店舗様 特定商取引法に基づく表記 peach nagano japan grape nagano japan